マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営と相続税の軽減

更地を持っている人が今注目しているのが賃貸マンションや賃貸アパートを建てることによる相続税の節税です。平成27年から相続税に基礎控除が60%に少なくなり、最高税率もあがったりする増税が始まりますので、その対策を急ぐ人が増えています。

更地の場合の相続税の評価額は、路線価(なければ固定資産税評価額×倍率)と言われているものを使うとなっています。路線価は国税庁が発表するもので毎年一回発表されます。だいたい取引価格の80%ぐらいで設定されると言われています。何も建物がなくて貸していなければ路線価そのままが相続税の評価額になります。

しかし、この土地を人に貸せば貸した人の借地権分は土地の路線価の価格から控除でき、また建物を建てて人に貸しているのであれば借地権×借家権の分だけ路線価から控除できることになっています。そのため、土地の評価額を減らしつつ有効活用することで相続税対策になるのです。また、住宅が建つことによって固定資産税が6分の1などに下がるという効果もあります。そのため土地持ちの人は一生懸命賃貸マンションを建て、マンション経営を始めるようになってきているのです。もちろんマンション経営を堅実に行わなければ本末転倒になりますのでのその点は注意が要ります。