マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営をすると不動産所得が発生する

賃貸マンション経営を個人でするということは、所得税の計算における不動産所得が発生することを意味します。そのため、その所得に関しては確定申告が必要になるケースがほとんどになるでしょう。ほとんど、というのは赤字のケースがあるからです。その他に所得がなくて不動産所得が赤字であれば確定申告の義務はありません。しかし、この場合でも、その赤字を来年度に繰り越していき来年度以降3年間の所得と相殺(損失の繰越控除)する方が節税になるので、結果的にどういう場合でも確定申告をすることになると思います。

不動産所得に係る所得税の確定申告をするのであれば、絶対にやっておいた方がいい手続きがあります。それが青色申告の手続きです。税務署に承認申請をする必要があります。申請をしてOKであっても税務署はたいてい返事をくれません。次の確定申告の時期までに返事がなければ承認されたことになります(自動承認)。

青色申告の前提として、簿記の仕組みを使って帳簿をつけたり、使った支出の証票(領収書等)を保存しておく必要が出てきます。簿記の仕組みというと大変そうですが、安価で良質なパソコンソフトがかなり出回っていますから、簿記の知識がなくても対応はできます。