マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

区分所有のマンション経営について

マンション経営をする方法として、建物一棟丸ごとを所有し、入居者を集めるやり方と、マンションやアパートのひとつの住戸を所有して入居者を募る、区分所有のやり方があります。一棟丸ごとを所有する場合は、空室率によっては計画していた家賃収入が得られず、収支がマイナスになった場合のリスクが大きくなることが懸念され、ハイリスクミドルリターンの経営になる傾向にあります。その点区分所有のマンション経営の場合は空室率においては家賃収入が有りか無しかの極端な状況にはなりますが、収入においては一棟所有よりも大きなマイナスになることはないため、リスクは小さくなる特徴があります。

また空室が起きたとしても一棟所有よりもマイナス収支のプレッシャーが少ない分、余裕を持って入居者探しができるため、精神的にも落ち着けるというメリットがあります。区分所有のデメリットとしては、複数の物件を所有する際にはよく考えて地域を選ぶ必要があり、物件の割安さばかりに気を取られていては所有物件のトラブル時に、長い距離を行き来する必要が出てくるため、非常に非効率になります。そのため、区分所有で複数物件の所有者になるためには、自宅付近の物件にこだわり、管理面でのリスクに備えることが最も重要なポイントになります。