マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営のタイミングについて

マンション経営を始める最適なタイミングについて、説明いたします。マンション経営の宣伝や資料によると、定年後の年金に不安をおぼえて参画するという内容が多いですが、基本的に定年後からマンション経営を始めるのは非常にリスクがあります。定年後は退職金が出たとして、資金があるケースは多いですが、毎月の収入は年金受給期間まで途絶えてしまうため、よっぽどの余裕資金がない限りは、始めてはならないタイミングと言わざるを得ません。仮に物件を所有したとしても、入居者が入らなければ無収入状態となり、利回りの悪化にもつながるため、危険です。

ではマンション経営を始めるタイミングとして最適なのは、現役の働き盛りの時期がベストとなります。仮に入居者が付かなくても、定職の給料から補填でき、無収入期間が発生せず、投資用物件のローンも滞ることはありませんのでリスクは低くなります。基本的には入居者が支払ってくれる賃料でローンを返すことになりますので、現役の段階でマンション経営を始め、定年の頃にローンを完済できている状態というのがベストのシナリオになります。その場合は定年後から年金受給期間までの無収入期間の穴埋めにもなり、年金が受給できる期間からはさらなる余剰資金の確保にもつながるのです。