マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営で相続税を対策

以前は一部のお金持ちしか支払いしなくていいと思われた相続税ですが、今後税制の改革で、一般人でも相続税を支払わなければならないことになりそうで相続税対策が必要です。親が一軒家を持ち、今後子供が相続する予定の人も多いと思います。相続税は、相続する人で分けることになりますが、少子化で子供が少ない場合一人が支払う額が増えてしまうのです。もちろん財産が相続税の規定より低い場合は良いですが、一度相場を調べてみてもよいでしょう。

有効なのが、一軒家を建て直してオーナー住宅併用のマンションにし、マンション経営をするということです。建設の際には銀行から借り入れをしておけば、資産も借金で相殺されるので相続税対策になり安心です。そこで、借金が不安という人も多いと思いますが、マンションの家賃収入をローンにあてれば良いのです。例えば1階にワンルームを3つ作り、オーナー住宅は、1階の一部と2階、場合によっては3階にしたとします。ワンルームの収入が20万円とし、ローンを15万ずつ返済とすれば、毎月5万積み立てすることができます。

マンション計画を立てるときには、今後築年数がたった場合も想定し、家賃計画を立てると安心感があります。また、専門家にアドバイスをもらい、人気の設備や間取りにしておくと人気がある物件になりますので、おすすめです。