マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営で安定した老後を

今のご時世では、退職をしてから年金生活をするのもなかなか厳しいと言われています。むかしは、新卒で就職をしてから定年になるまで、同じ会社でずっと働き続けているようなケースが圧倒的に多かったため、退職金なども結構な額になり年を取ってからも安心して老後を過ごすことが出来るものでした。

マンション経営というのは、自分の所有する不動産物件に人を住まわせ、その家賃などで収入を得るというものです。極端に言えば、毎月何をしなくてもお金が入ってくるものなのですから、安心した老後を過ごすことが出来るのです。しかし、退職をしてから不動産を探し始めるのでは遅すぎます。それは何故かというと、たいていの人は一括払いでマンションなどを購入するほどの経済的余裕は無いものですから、ローンを組んで少しずつ返済していくのが普通だからです。そのためには、ある程度若いうちに物件を見つけておかなければ、定年退職をする頃にまだ何年もローンが残っているということになってしまいます。そうなってしまうと、少ない年金を通常の生活費とローン返済に充てることになってしまい、むしろ大変なことになってしまうので、きちんと計画を立ててマンション経営を行いましょう。