マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営のメリット

マンション経営は自己の所有するアパートやマンションに入居者を募り賃貸することで収益を得るもので、長期的に安定した収入を得られる堅実さが大きな魅力です。最近では、時代の流れからくる老後に対しての不安。つまり年金受給の不透明感やペイオフ解禁などから注目を集めています。大きなメリットとして、マンション経営は自らが所有するマンションの部屋を賃貸して得た収益が毎月入ってきます。空室によって収入が減ることもあるかもしれませんが事業として考えた場合は他と比較しても安定的と言えます。

プラス税金に関しても固定資産税は、宅地を住宅用地/非住宅用地と区分し、住宅用地の課税は遊休地や駐車場の1/6に軽減されます。また、相続税についてもアパート、マンションを建て相続した場合、節税になります。通常の固定資産税評価額から借家権分が減額され30%の減額となります。確定申告をすれば、住民税や所得税の節税効果もあります。アパート経営・マンション経営は節税効果が高いと言えるでしょう。そして土地を持っている人の多くはその土地を手放したくないと思います。もし、更地や駐車場の状態ですと税金の負担が増えるという悩みを抱えますが、アパート?マンション経営は長期の安定収入を持ちながら土地を持ち続けることが可能となります。