マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

一般の人にマンション経営ができるか

バブル期には、その経済に後押しされて高額所得者となった人々が更にその資産を増やすため、マンション経営を行っていました。マンション経営というと、やはり大金持ちがその莫大な資産を運用する手段として用いているという程度の印象なのが実際です。しかし、現代のマンション経営は決してごく一部のお金持ちのためだけのものではありません。

では、実際にどのような人がマンションを買っているのでしょうか。マンションを買う人は様々です。資産家をはじめとしてサラリーマン、公務員、OLでマンション経営をされている方もいます。このことからも、マンション経営が非常に敷居の低い資産形成手段になってきたということがわかります。

とはいえ、マンション経営をするにあたり心配なポイントは多々あります。例えば、自分が購入した物件の価値が低下してしまったらどうするかという問題です。これに関しては、購入前のリサーチが明暗を分けます。とは言ってもそれほど難しい問題ではなく、需要が高い物件を優先的に取得すればよいのです。需要が高ければ、将来的に価値が暴落するというリスクは少なく、かつ空き室のリスクも減ります。立地、建物、その他さまざまな考慮要素から、需要が高い物件を見極めることが一番のポイントとなります。