マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営は若く健康なうちに始める

マンション経営を始めるのは健康なうちにと言われています。これはどのようなことでしょうか。マンションを購入する際に現金で買えれば良いですが、資金はあっても余力を残しておき、新たにローンを組んでマンションを購入したいという人が多いと思います。ローンを組む場合には金融機関を利用することになりますが、その際には団体信用生命保険というのに加入することを必須とするローンが多いのです。これは健康で、ある一定の条件を満たしていなければ入れない保険です。

40歳を過ぎると成人病の可能性が高まってきます。持病があるとローンを組めないことも多いので、マンション経営を始めるのであれば健康な早いうちが良いということになります。また、ローンの返済期間のこともあります。ローンの返済期間を長く設定することができても例えば本人が70代になってもローンを支払う計算になると先のことを考えると現実的ではありません。もちろん繰り上げ返済をしていくことも可能ですが、返済期間が長いということはそれだけ利息を支払っていく期間も長くなります。

マンション経営には、不動産会社にすべて任せる方法もありますが自分で色々と考え経営していく楽しみもあります。若いうちから始めれば色々なアイディアを考えたり新しい方法を試してみる度胸もあるかもしれません。マンション経営を考えているのであれば、早めに始めてみるのも良いでしょう。