マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営を始めてサラリーマン大家となりました

日中はサラリーマンとして働いていますが、将来の不安などもあり、自分の資産をしっかりと自分で作る必要性があると考えていました。自分が働けなくなっても収入が入ってくるような仕組みを作っておくことが必要だと感じていましたので、マンション経営を始めました。一般的にはサラリーマン大家として呼ばれています。日中は勤め先で働いていますが、毎月家賃収入が確実に入ってきます。

マンション経営を始めるときには、入居者の対応が出来ないであろうと感じていたので、マンション経営に関する業務を委託できる管理会社さんにお任せをしています。マンション経営を委託している管理会社さんでは、入居者探しなどから全ての折衝をしてくれていますので、とても助かっています。マンション経営に関する業務が委託できるからこそ、サラリーマンとして働くことが出来ます。

マンション経営をするにあたって大切なことは確実な収益を上げなければいけないということです。賃貸に出すマンションを購入して、その支払いが毎月幾ら必要なのか、修繕積立費、管理費は幾らなのか、固定資産税は幾らなのか、そういった出費となる金額を把握して、確実に収益となるような仕組みにすることが必要です。