マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営(賃貸の場合)

マンション経営というのは、例えば、賃貸マンション等を経営する場合を思い浮かべてみると良いかもしれません。賃貸マンション等の場合、例えば、建物が五棟以下で一つの建物の部屋数が10室以下である場合、不動産所得ということになります。また、それを超えた場合は事業所得ということになります。賃貸マンションを経営する場合で、そのマンションが食事付きの下宿タイプである場合は運営者が貰う家賃収入等は事業所得の対象となります。また、マンション経営というのは、賃貸以外には、投資型マンションを購入することとなりますが、難しいですがやりがいはけっこうあります。

土地活用をするのも良いでしょう。自分が所有する更地に賃貸マンション等を建設して、人を募集して賃貸マンションの経営をして収入を得るのは良いことです。自分が所有する更地にマンションを建設した場合、土地は固定資産税が掛からないことはあるのですが、建てられるマンションは固定資産税の免税にはなりませんし、事業用であれば当然のこととなります。税金対策ですが、固定資産税は一応は経費ということになりますので、そんなに心配しなくても良いでしょう。運営していく前に掛かる費用は高額ということになりますが、予め念入りにプランを立てることが求められます。

賃貸マンション等を建てた場合、今度は人を募集することになります。損害保険等に加入をしておく必要があり、また、賃借人等が家賃を払わず夜逃げするリスクも考えられるので、賃貸マンション等の保険加入は必須となります。また、敷金や礼金を設定したりする必要があります。敷金についてですが、経年劣化は「仕方がないことです」ということになりますので、居住者が契約を解除した場合は速やかに返還する方が無難でしょうし、そうした方が面倒なことは起きないかもしれません。賃貸マンション等を経営する場合、予め様々なリスクを想定してから経営に臨むのが求められます。リスク発見および解決なくしては経営は成り立たないのであります。