マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営と築年数

最近では企業ももちろんですが、個人でもマンション経営に乗り出してきています。物件選びの際には特に注意が必要な点が有るため、初めてのマンション経営だという人は注意が必要です。やはりマンション選びで悩んでしまうのが築年数の問題ですよね。築浅物件や中古の物件、新築物件など色々な物件がありなかなか選ぶだけでも大変です。企業ならば別ですが、個人でのマンション経営の場合には新築はあまりオススメできません。

新築物件ではやはり新築というところに大きなポテンシャルがあるので、人に一回貸し出した時から賃料が下がります。ですので、少なくとも築浅物件から選ぶようにすることが重要です。築年数が結構立っている物件は価格が安いため、目に止まりがちですがそういった物件には注意が必要です。修繕計画がしっかり立っているのか、修繕積立金はきちんと積み立てられているかを確認しておかないと、大規模修繕の際に大きな手出しをしなければならず赤字になってしまうことも有ります。

やはり個人で始めての物件選びなんであれば、築浅物件から選ぶのが一番オススメです。まだ痛みも少なく、賃料の相場の値崩れも安定してきているため、経営がしやすいです。