マンション経営の上手なポイント

マンション経営の上手なポイント

マンション経営にかかるリフォーム費用とは

マンション経営には、マンションを購入したり建設したりする費用がかかりますが、入居者の入れ替え時にリフォームの費用もかかります。どのようなリフォーム費用がかかるのでしょうか。借主との契約で、退去時の原状回復費用に関して入居者が破損してしまったり、故意過失で汚してしまった部分の修復はその入居者に支払ってもらうこともできますが、グレードアップや、次の入居者募集の為に見た目を良くするもの、自然消耗のものに関しては貸主の費用負担で行うことになります。

新築に近いきれいなマンションでしたら、ハウスクリーニングをしたり自然消耗で日焼けした壁紙の交換など少ない費用負担で済みます。また、借主との契約でハウスクリーニングは借主の負担という特約を結んで合意していればクリーニング代金は借主の敷金から差し引くことができます。一方、古い物件で老朽化している設備が目立つ物件はどのようにしたら良いでしょうか。もちろん給湯器やエアコンが古すぎて壊れそうな場合には交換しておいた方が良いでしょう。

老朽化した部屋をリフォームする場合には、次の募集家賃にも影響しますのでどのような方向で行くかまず考える必要があります。リノベーションに近いリフォームをすれば費用も多額ですが、家賃も高くできますし入居希望者もすぐ現れる期待が持てます。また、古くても設備を整備し支障のない形にして貸す方法もあります。この場合、家賃は多少安くする必要もありますがリフォーム費用を最小限に抑えることができます。今後どのような方針で貸していくかによってリフォーム費用が決まります。